- Blog記事一覧 -その症状は本当にヘルニア?

その症状は本当にヘルニア?

2018.06.18 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

こんにちわ!
豊中、吹田から腰痛を無くしたい、腰痛専門もの整体院の物です。

大阪で大きな地震が発生しましたね!皆さん大丈夫でしょうか?高槻や枚方の方が被害が大きそうですね!高槻には私の親戚がいますし、枚方にはお世話になった方がおられるので心配でしたが、みなさん大丈夫だったようです!

みなさんのお知り合いの方なども大丈夫ですか?こういう状況になると日頃からの蓄えや準備の必要性を感じますね。これを機に我が家も地震や災害の備えをしたいと思います。

さて、本日は腰椎椎間板ヘルニアです。みなさんやみなさんの周りにもヘルニアでお困りの方がおられるのではないでしょうか?

そんなヘルニアでお困りの方達は長年悩んでいませんか?でもヘルニアって椎間板の中身の髄核って所が外に飛び出すことをヘルニアって言うんですよね。その飛び出した部分はマクロファージ(貪食細胞)というやつが食べてしまうことが分かっています。なのでヘルニアは無くなるんです。

でも長年痛いですよね?
さらに髄核が『飛び出すこと』をヘルニアといいます。飛び出す=ヘルニアなので、寝起きに腰が痛い、前に屈むと腰が痛い、坐骨神経痛=ヘルニアではないんですよね。

ということはヘルニアがあっても、今ある寝起きが痛い、前に屈むと痛い、坐骨神経痛というような症状とは関係ないということです。

では一体その症状の原因は何でしょうか?
それは一人一人原因が違いますが、筋膜が原因になる事が多くあります。

全身の硬さや、動きの悪さから腰の仕事量が増えてしまっていたり、腰が引っ張られて突っ張ってしまっている結果、症状がでます。そうなってしまうのはその人の生活習慣に必ず原因があります。

例えばデスクワークの方だったら姿勢不良から肩や首が硬かったり、力仕事の方だと腕の筋肉が硬かったり、その人その人の生活習慣から身体の全身のバランスが悪くなってなってしまいます。その結果腰に負担がかかり腰に症状が出てきます。

ですから治療はヘルニアというのは関係なく何が原因になっているのかを探すのが大切です。その原因を見つける事で皆さんや皆さんの周りの方のヘルニアで悩んでいる方の症状は回復へ向かいます。

まず何が原因になっているのかを知りたい方はぜひ当院へお越しくださいね!
必ずあなたの人生が楽しくなるようにお手伝いさせていただきます!


アクセス情報

所在地

〒561-0871
大阪府豊中市東寺内町13-23 ラ・メゾン401

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜・祝日

予約について

当院は完全予約制です