- 産前産後骨盤矯正

産前産後骨盤矯正

妊婦さん、産後のママへ
快適な出産、優雅な子育てのためにまずはご自身のケアから始めませんか?

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?妊娠後から肩こりや腰痛がひどい・妊娠中で整体を受けたいけどどこに行ったら良いかわからない・病院で逆子と言われた・安産で産みたい・腰が痛くて子供の抱っこがツライ・骨盤がグラグラする・整体を受けたいけど子供をあずけられない・産前産後専門の整体を受けたい・などなど。当院にはこのようなお悩みの方が多く来院されます。

妊娠中や出産後はホルモンのバランスの変化や姿勢の変化から妊産婦さん特有のトラブルが起こります。ホルモンの影響で関節が緩くなっているために無理は禁物です。このホルモンは出産の際に赤ちゃんが産道を通りやすくなるように骨盤を緩める作用があります。筋肉や靭帯も緩めるのでこの時期に一般的な整体をすると、刺激が強すぎて痛みを強くしてしまったり、身体を壊してしまう恐れがあります。一般の身体と違いデリケートな妊産婦期の整体にはより専門的な知識が必要です。当院ではNPO法人日本妊産婦整体協会認定の院長が専門の知識で安全なマタニティケア、骨盤矯正を行います。

マタニティケア

お腹が張ってどこにも行けない・妊娠してから腰痛がひどい・絶対安静と言われてずっと寝たまま・少しでも安産で産みたい・・・
当院にはこのような悩みを持つ妊婦さんが多く来院されます。妊娠中の身体はとてもデリケートです。ホルモンバランスの変化で靭帯が緩み、お腹が大きくなることで姿勢が崩れていきます。姿勢が大きく崩れることで色々な身体の不調が出てきます。しかしマタニティ期の施術は専門的な知識が要るため、施術をできる整体院が少ないのが現状です。実際に、身体が痛いのに妊婦だからとどこも受け付けてくれない・痛いのに安静にするしかないと言われた・整体やエステに行って動けなくなった・などで当院に来られる方も多いです。

当院のマタニティケアはお母さんと赤ちゃんに負担の少ない安全で優しい整体を行います。肋骨周りと内臓に優しい刺激で施術することにより子宮へのストレスを緩和する効果が期待できます。骨盤や骨の歪みによるバランスの悪さを改善し、肩や腰の負担を軽減させます。子宮へのストレスを緩和することにより赤ちゃんにも優しい整体です。当院でマタニティケアを受けられた妊婦さんは、お腹がフワフワになり軽くなった・お腹の張りが取れた・腰痛が治った・分娩時間が短く安産だった・などの効果を実感して頂いております。効果の出方に個人差はありますが目安として週1のペースで3ヶ月のプログラムを用意しております。
※お身体の状態が安定しないときや血圧が高い時など何か異常があるときは安静を優先してください。病院で切迫流産や切迫早産などで絶対安静と言われている方は来院前に一度ご相談ください。

逆子矯正

妊娠中期まではお腹の中で赤ちゃんはくるくる動き回っていますが、だんだんと成長するにつれて赤ちゃんの頭が重くなり、頭が下になる姿勢になってきます。だいたい28週を過ぎた頃には赤ちゃんは頭を下に向けた状態になります。ただ、中には頭が子宮口と逆の状態で固定されてしまう赤ちゃんもいます。これは赤ちゃんが大きくなって子宮の中で寝返りをしたくても子宮にスペースがなく、そのまま窮屈な状態で固定されてしまうと考えられます。逆子での出産はリスクが高く、帝王切開になるケースが多いです。

当院では逆子の原因は大腸と小腸の硬さが大きな要因と考えています。大腸と小腸が硬いことによって子宮が上手く広がれず、結果的に赤ちゃんのスペースが狭くなり窮屈で寝返りができなくなってしまうのです。当院の逆子矯正は優しい刺激で大腸と小腸を刺激し子宮が広がりやすくなるように促します。子宮が広がりやすくなることで赤ちゃんのスペースが広くなり赤ちゃんの寝返りを促す方法です。決して赤ちゃんに直接触れたり、無理やり動かしたりしないので安全な方法です。実際に当院の逆子矯正を受けていただくとパンパンに張ったお腹がふわふわに柔らかくなるのを体感して頂けると思います。妊娠38週目までが適応範囲です。

逆子は決して悪いものではありません。子どもの個性とも考えられます。自然分娩ができなくても帝王切開での出産はできます。あまり考えすぎたり、ストレスを溜め込んではいけません。赤ちゃんがお腹の中にいるのは今しかありません。楽しく幸せなマタニティライフが送れるようにママの心とお身体のケアが一番大切だと思います。

産後骨盤矯正

朝起きるときに腰が痛い・痛みで子供を抱っこしてあげられない・身体のバランスが変な感じがする・楽しく子育てがしたい。
当院にはこのような悩みを持つママたちが多く来院されます。産後の身体は妊娠中と同じでとてもデリケートです。ホルモンの影響で靭帯や筋肉が緩み、関節が不安定になっています。さらに妊娠から長い期間をかけて身体が歪み、骨盤周りの筋力も低下していることが多いです。そんな状態で子育てや家事などの重労働が続き、たくさんのトラブルが起こりやすい時期です。

産後は妊婦生活の名残から重心が前に傾いてしまい、腰が反り返ったままになっています。そんな中で育児や家事などの前傾姿勢の動作で筋肉疲労が蓄積し、さらに歪みがひどくなります。重心はつま先の外側に偏り、股関節や骨盤も外に広がろうとします。その結果、腰や肩、股関節、恥骨の痛み等が生じ、お尻が大きくなったり、産後太りなどの原因にもなります。

断乳の時期などにもよりますが、産後1年ほどで骨盤が固まると言われています。その為、産後の骨盤矯正は産後できるだけ早く始めるのが理想的です。体を無理やり動かしたりなど強い刺激ではないので産後1ヶ月ほどで特に検診で問題がなければ始めたほうが良いです。帝王切開の場合は念のため産後2ヶ月から対応しております。

当院の産後の骨盤矯正は足首、膝、股関節、骨盤、肩甲骨、頚部のバランスをストレッチやポキポキしない優しい矯正で整え、偏った重心を元に戻します。妊娠から長い間のクセなどがある為、一時的に戻すことは可能でもすぐに元に戻ってしまいます。当院では重心を正しい位置に戻すのに最低3ヶ月は必要と考えています。

来院頻度は週1回を4回、2週に1回を4回の計8回をオススメしています。これが最短ゴールですが、症状が強い方などはさらに続けて受けて頂くこともあります。みなさん平均して10回ほど受けられますが、さらに骨盤を閉めたい方やメンテナンスをご希望の方は2週間に1回や1ヶ月に1回を続けて頂きます。

産後は身体がツライ中、大変な育児や家事に追われてしまいます。当たりたくなくてもイライラしてご主人やお子さんに当たってしまうこともあるかもしれません。今しかない子育てを楽しく優雅に送っていただけるように私に何かお手伝いできれば嬉しく思います。産後のお身体のトラブルでお悩みの方はご相談だけでも構いませんので一度当院までご連絡ください。

患者様の声

三田 CMさん

西宮 ASさん

三木 UKさん

神戸 KYさん

大阪 MIさん

神戸 HIさん

神戸 RTさん

ブログで患者様の声更新中~


アクセス情報

所在地

〒561-0871
大阪府豊中市東寺内町13-23 ラ・メゾン401

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜・祝日

予約について

当院は完全予約制です