- 慢性腰痛

慢性腰痛

慢性腰痛でお悩みのあなたへ
なぜ腰を揉んでも腰痛が治らないかご存知ですか?

日本人の90%が人生で一度は腰痛を経験すると言われています。そのうち10人に1人は慢性的に腰痛を抱える『腰痛持ち』になると言われています。腰痛で朝起きるのが憂鬱、子供を抱っこするのがツライ、仕事に集中できない、など慢性的な腰痛にお悩みの方は多いのではないでしょうか?
なぜ腰痛が慢性化するのか?なぜ『腰痛持ち』になってしまうのか?

今まであなたが受けてきた腰痛治療はどんな治療でしたか?

とりあえず痛い腰をぐりぐりマッサージしてもらう・腹筋と背筋のバランスが悪いのが原因だと言われ、腹筋をしている、運動不足が原因と言われウォーキングをしている・骨が歪んでいると言われボキボキされる・などなど。このような治療であなたの腰痛は果たして良くなりましたか?これらは今までの腰痛治療の常識とされてきていましたが、全て間違いです。

私が今までに治療させていただいた多くの慢性腰痛でお悩みの方の特徴としては、腰の使いすぎです。腰の使い過ぎというのがどういう事かというと、身体は首、肩、肩甲骨、腰、骨盤、股関節、膝、足首などたくさんの関節から成ります。そのたくさんある関節の中で腰を使いすぎ、腰主体で生活しているということです。
例えば床のものを取ろうと前かがみになったとき、前かがみの動作は腰だけではなく、すべての関節が連動して動きます。ところが腰痛持ちの方は他の関節よりも、腰を動かしすぎてしまいます。その結果腰の仕事量が増えてしまい筋肉疲労を起こして腰痛が出てきてしまいます。

なぜ一般的な整体で腰をマッサージしても良くならないのか?

それは腰痛の原因が腰にはないからです。原因ではない腰をひたすらマッサージしても良くはなりません。腰痛治療で一番大切なのは原因を見つけることです。先ほどの例でお話しすると前屈するのに腰を使いすぎてしまいますよね。なぜ使いすぎてしまうのかです。それは何らかの理由で腰以外が使いづらくなっているからです。その為に腰が他の関節の分も動かないといけなくなり、結果腰を動かしすぎてしまうのが癖づいてしまい腰の筋肉疲労が蓄積して腰痛を引き起こすのです。

そんな状態で腹筋をしたり運動をしても結局腰を使いすぎてしまうのでさらに腰痛がひどくなります。骨をボキボキするのも、動きすぎている腰の骨をさらに動かすのでひどくなる場合がありますし、一時的に良くなる場合もありますが結局痛みの原因を治療していないので痛みを繰り返します。病院のブロック注射なども同じです。これらは対処療法と言ってその時の痛みに対する治療です。その場だけの治療なので結局痛みを繰り返してしまいます。その場の痛みももちろん大事ですが「なぜ?痛くなったのか?」これを見つけ出す方が絶対に大事です。

当院の施術

腰痛を根本的に治すには、痛くなった時にあなた自身が自分で治したいと思うことが大事です。今の痛みだけにとらわれてその場だけの治療をするのではなく、なぜ痛くなったのかをあなた自身が知る必要があります。当院では、独自の腰痛に特化した検査法であなたの腰痛の本当の原因を見つけることができます。あなたと痛みの原因を共有して二人三脚で根本的に治療していきます。
一回の施術でほとんどの方が効果を実感していただけますが、複数回かけて良い状態をクセづけていきます。

あなたには治療を選ぶ権利があります。今まで通りその場だけの治療をするのか。その場の痛みにはとらわれず本気で慢性腰痛を治すのか。あなたがもし、本気で慢性腰痛を治したいのであれば当院までご連絡ください。あなたのその大きな一歩を無駄にしないよう必ず私があなたの力になります。まずはご相談だけでもご連絡ください。

患者様の声

神戸 YOさん

神戸 TWさん

神戸 YKさん

ブログで患者様の声更新中~


アクセス情報

所在地

〒561-0871
大阪府豊中市東寺内町13-23 ラ・メゾン401

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜・祝日

予約について

当院は完全予約制です