- Blog記事一覧 - 2018 6月の記事一覧

2018 6月の記事一覧

吹田から逆子でお悩みの妊婦さん

2018.06.28 | Category: 妊婦整体(マタニティケア)

こんにちわ!
腰痛・産前産後骨盤矯正専門 もの整体院の物です。
当院は豊中吹田北摂地域の腰痛や妊娠期の不調、産後の不調を持つ方々のための整体院です。

先日吹田から妊娠32週で逆子が治らなくて困っているママが来院されました。お腹は張ってはいないけど腸が硬いな~という感じでした。お尻の痛みもあったのでそれもついでに取れたら嬉しいなという感じ。

当院の逆子矯正は赤ちゃんに直接触りません。大腸や小腸を緩めて子宮を広がりやすくしてあげて赤ちゃんが窮屈じゃなくて広々した部屋でゴロンと寝返りしやすくしてやるような施術をします。1回目の施術でお腹が横に広がってお腹が柔らかくなることを実感して頂き、2回目に来院されたときには明らかに胎動に変化を感じて頂き、キラキラの笑顔で『ろっ骨をけられてる感じ~』っておっしゃっていました。確かに右のろっ骨を小さな足でドンドンと蹴っていました。施術中もゴロンゴロン動く感じでこれはおてんばなお子さんが生まれてきそう~(^^)

(整体後はおなかの出っ張りが少なくなってママの負担も減ります。ママが快適になれば赤ちゃんも快適になります)

そして期待に胸を膨らませながら昨日の検診後…
「妊婦検診で無事に逆子治ってました!本当にありがとうございました!整体を受けてから赤ちゃんの動きも良くなったので本当によかったです!ありがとうございました!」とご連絡いただきました(^^)/あとは出産頑張ってくださいね~!ママみたいにキラキラの笑顔の女の子が生まれてきそうですね!また出産のご報告お待ちしてますね!

逆子や妊娠中のトラブルでお悩みの方は是非一度当院んまでご連絡くださいね!

腰痛の原因ベスト3

2018.06.21 | Category: 慢性腰痛

こんにちわ!
吹田、豊中から腰痛を無くしたい腰痛専門もの整体院の物です!

ワールドカップ初戦!日本勝ちましたねー!香川選手PK落ち着いてました!今大会は香川選手にノリノリで日本を引っ張って行って欲しいですね!大迫選手もやっぱり半端なかったですね!大会前は日本代表や西野監督に対してネガティブな意見もたくさんありましたが、これで日本一丸となって、日本の声援を選手達に届けたいですね!

さて、今日は当院の腰痛の原因ベスト3の発表です!!

当院は腰痛専門ということもあり腰痛でお悩みの方がたくさん来院されます。その方たちの腰痛の原因を分析した結果、多かった原因上位3つを発表します。

まずは腰痛の原因第3位!
『斜角筋』です!斜角筋は首の側面から前面の筋肉で姿勢を維持したり、呼吸を補助したりします。そこの筋肉が疲れてくると歩きづらくなったり、起き上がる時などに痛みが出ます。坐骨神経痛や足の痺れの原因にもなります。

次は腰痛の原因第2位!
『腎臓』です!腎臓は老廃物を体外に排出したり、塩分と水分を調整して血圧を整えたり、体の循環に作用する循環器です。この臓器が疲れてくると腰痛が起こります。これからの時期は暑いので水分を取る事が多いです。水分を多く取ると腎臓の仕事量が増えるので腎臓が疲れやすいです。睡眠不足やストレスなど不規則な生活が腎臓の疲れを誘発します。規則正しい生活をして腎臓の疲れを溜めないようにしましょう!

そして不名誉な腰痛の原因第3位!
『大腰筋』です!大腰筋とは足の大腿骨から背骨の腰椎にくっついている大きな筋肉です。上半身と下半身をくっつけている筋肉でで足をあげたり、体を支えたりしています。横隔膜にも繋がっているので、内臓との関連も深い筋肉です。腹筋が弱っていて、腹圧が弱い方などは、大腰筋を使って姿勢を安定させてしまう事が多いので大腰筋が疲れます。大腰筋を多用すると腰椎が引っ張られてしまって腰椎や腰の筋肉に負担がかかります。
大腰筋に負担をかけないようにするには腹横筋を鍛えて大腰筋の柔軟性を上げる事が大切です!

本日は当院の腰痛の原因ベスト3を発表しましたがいかがでしたか?

首の筋肉や腎臓、お腹の筋肉(大腰筋)など腰に関係ないところばっかりが原因でしたね。この結果から分かるように腰痛の原因は腰にはない事がほとんどです!みなさんも腰痛は腰が悪いから痛くなるというような固定概念を無くしてあなただけの原因を探してみてください。
今回1位だった大腰筋のセルフケア方法などは次回以降に動画でお伝えしますねー!
本日もブログをご覧いただきありがとうございましたー!

その辛い症状は本当に脊柱管狭窄症??

2018.06.20 | Category: 脊柱管狭窄症

こんにちわ!
吹田、豊中から腰痛を無くしたい、腰痛専門もの整体院の物です!

四年に一度の祭典!ワールドカップが始まりましたね!サッカー好きの私は毎日寝不足で大変です^^;

あ、もちろん仕事には影響ない程度に寝てますから安心してくださいね(笑)

当院には長年の腰痛や難治性の腰痛でお困りの方が多く来院されます。その中から本日は脊柱管狭窄症についてお話ししたいと思います。

脊柱管狭窄症で歩くのが辛い、寝返りが辛い、動作が辛いなどの症状で日常生活に問題がある方がたくさんおられます。

ただ、その症状は本当に狭窄症が原因でしょうか??もちろん狭窄症が原因の場合もあるでしょうが100パーセント狭窄症が原因ではないと考えます。

皆さん歩行困難や寝返りで痛いなどの症状でで、整形外科に行かれます。そこでレントゲンやMRIを撮ります。すると画像には狭窄している箇所が写ります。結果、その症状は狭窄症ですね。となるわけです。

しかし、狭窄症の手術をしても治らない方がおられます。同じ狭窄症でも症状が人によって異なったりします。さらに狭窄症がなくても同じような症状でお悩みの方もおられます。それは一体何故でしょうか?

それは、その方たちの症状の原因が狭窄症ではないという事です。当院に来られる脊柱管狭窄症と診断されて歩行困難や寝返り出来ないなどでお悩みの方々も、病院でリハビリしているけどずっと治らなくて困っていたり、手術しないと治らないと言われて来院されます。

その方達を治療して行くと原因が筋肉にあることが多いです。例えば首の斜角筋だったりお腹の大腰筋だったり、内臓の疲れだったりします。結局それらが硬くなることによって腰の動きが悪くなったり、腰の仕事量が増えたりして、症状が出現しています。

当院ではヘルニアや脊柱管狭窄症という病名や診断名とは関係なく、それぞれその方の本当の原因を見つけて原因に対して施術をしていきます。

日常生活や身体のくせからお一人お一人違った原因があります。脊柱管狭窄症でお悩みの方や長年の腰痛でお悩みの方、自分の腰痛の本当の原因を知りたい方などは当院にぜひお越しください!

今より楽しい人生のお手伝いをさせて頂きます‼︎

その症状は本当にヘルニア?

2018.06.18 | Category: 腰椎椎間板ヘルニア

こんにちわ!
豊中、吹田から腰痛を無くしたい、腰痛専門もの整体院の物です。

大阪で大きな地震が発生しましたね!皆さん大丈夫でしょうか?高槻や枚方の方が被害が大きそうですね!高槻には私の親戚がいますし、枚方にはお世話になった方がおられるので心配でしたが、みなさん大丈夫だったようです!

みなさんのお知り合いの方なども大丈夫ですか?こういう状況になると日頃からの蓄えや準備の必要性を感じますね。これを機に我が家も地震や災害の備えをしたいと思います。

さて、本日は腰椎椎間板ヘルニアです。みなさんやみなさんの周りにもヘルニアでお困りの方がおられるのではないでしょうか?

そんなヘルニアでお困りの方達は長年悩んでいませんか?でもヘルニアって椎間板の中身の髄核って所が外に飛び出すことをヘルニアって言うんですよね。その飛び出した部分はマクロファージ(貪食細胞)というやつが食べてしまうことが分かっています。なのでヘルニアは無くなるんです。

でも長年痛いですよね?
さらに髄核が『飛び出すこと』をヘルニアといいます。飛び出す=ヘルニアなので、寝起きに腰が痛い、前に屈むと腰が痛い、坐骨神経痛=ヘルニアではないんですよね。

ということはヘルニアがあっても、今ある寝起きが痛い、前に屈むと痛い、坐骨神経痛というような症状とは関係ないということです。

では一体その症状の原因は何でしょうか?
それは一人一人原因が違いますが、筋膜が原因になる事が多くあります。

全身の硬さや、動きの悪さから腰の仕事量が増えてしまっていたり、腰が引っ張られて突っ張ってしまっている結果、症状がでます。そうなってしまうのはその人の生活習慣に必ず原因があります。

例えばデスクワークの方だったら姿勢不良から肩や首が硬かったり、力仕事の方だと腕の筋肉が硬かったり、その人その人の生活習慣から身体の全身のバランスが悪くなってなってしまいます。その結果腰に負担がかかり腰に症状が出てきます。

ですから治療はヘルニアというのは関係なく何が原因になっているのかを探すのが大切です。その原因を見つける事で皆さんや皆さんの周りの方のヘルニアで悩んでいる方の症状は回復へ向かいます。

まず何が原因になっているのかを知りたい方はぜひ当院へお越しくださいね!
必ずあなたの人生が楽しくなるようにお手伝いさせていただきます!

マタニティケア

2018.06.08 | Category: 妊婦整体(マタニティケア),患者様のお声

こんにちわ!
腰痛・産前産後骨盤矯正専門 緑地公園駅前もの整体院の物孝弘です。

当院には妊娠中の腰痛や肩こり、股関節痛、お尻の痛みなどで来院される方も多くおられます。
本日は桃山台から七月末が予定日のママが来院されました。妊娠後期からお尻の痛みに悩まされてこのまま続いて出産や産後に影響がないか心配で来られました。

一回目の施術でお尻の痛みがほとんど良くなり二回目の施術で痛みがなくなりました。妊娠中は腸の硬さからお腹が前に出たり下に下がったりして姿勢が悪くなります。腸の硬さからお腹がパンパンに張ってしまい赤ちゃんも窮屈だしママも身体がつらくなってしまいます。

腸を柔らかくなるように治療していけば写真のようにお腹が上に持ち上がり姿勢が良くなります。そうするとママも快適だし赤ちゃんも窮屈じゃなくなって快適になります(^^)これからあと少し妊婦生活が続きますが安産目指してしっかりケアさせて頂きます‼
妊婦中のお身体のトラブルがありましたら是非一度もの整体院にご相談くださいね!

アクセス情報

所在地

〒561-0871
大阪府豊中市東寺内町13-23 ラ・メゾン401

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜・祝日

予約について

当院は完全予約制です