- Blog記事一覧 - 脊柱管狭窄症の記事一覧

脊柱管狭窄症の記事一覧

吹田市在住 脊柱管狭窄症 60代 男性 TK様

2018.12.05 | Category: 坐骨神経痛,患者様のお声,脊柱管狭窄症

こんにちは!
腰痛・産前産後骨盤矯正専門 もの整体院の物です!
当院は夕方4時半以降のお時間に男性のご予約も受け付けております。

本日は脊柱管狭窄症でお困りだった方からお喜びの声を頂いたのでご紹介します。

【最初どのような症状がありましたか❔】
脊柱管狭窄症を発症し、右下半身に鋭いしびれ、痛みがあり、連続して100mも歩けない状況でした。整形外科にもm通院しましたが全く効果が見られませんでした。

【当院に通院してどのように症状が変化しましたか?】
現在5回診療を受けましたが、大幅に痛みが軽減し、連続で30分以上歩くことができるまで回復しました。ぜひ引き続き治療を受けたいと思います。

【当院の整体を受けてみて、ここが良かったという点を教えてください】
原因を丁寧に説明してもらって、よく理解できました。また、正しい姿勢の保ち方、呼吸法等も指導いただきました。早く効果が出て感謝しています。

お伝えしたことをしっかりと実践いただき、常に姿勢も気を付けて頂きました。私も早く効果が出て嬉しいです!これからも週末のお出かけ楽しんでくださいね!

その辛い症状は本当に脊柱管狭窄症??

2018.06.20 | Category: 脊柱管狭窄症

こんにちわ!
吹田、豊中から腰痛を無くしたい、腰痛専門もの整体院の物です!

四年に一度の祭典!ワールドカップが始まりましたね!サッカー好きの私は毎日寝不足で大変です^^;

あ、もちろん仕事には影響ない程度に寝てますから安心してくださいね(笑)

当院には長年の腰痛や難治性の腰痛でお困りの方が多く来院されます。その中から本日は脊柱管狭窄症についてお話ししたいと思います。

脊柱管狭窄症で歩くのが辛い、寝返りが辛い、動作が辛いなどの症状で日常生活に問題がある方がたくさんおられます。

ただ、その症状は本当に狭窄症が原因でしょうか??もちろん狭窄症が原因の場合もあるでしょうが100パーセント狭窄症が原因ではないと考えます。

皆さん歩行困難や寝返りで痛いなどの症状でで、整形外科に行かれます。そこでレントゲンやMRIを撮ります。すると画像には狭窄している箇所が写ります。結果、その症状は狭窄症ですね。となるわけです。

しかし、狭窄症の手術をしても治らない方がおられます。同じ狭窄症でも症状が人によって異なったりします。さらに狭窄症がなくても同じような症状でお悩みの方もおられます。それは一体何故でしょうか?

それは、その方たちの症状の原因が狭窄症ではないという事です。当院に来られる脊柱管狭窄症と診断されて歩行困難や寝返り出来ないなどでお悩みの方々も、病院でリハビリしているけどずっと治らなくて困っていたり、手術しないと治らないと言われて来院されます。

その方達を治療して行くと原因が筋肉にあることが多いです。例えば首の斜角筋だったりお腹の大腰筋だったり、内臓の疲れだったりします。結局それらが硬くなることによって腰の動きが悪くなったり、腰の仕事量が増えたりして、症状が出現しています。

当院ではヘルニアや脊柱管狭窄症という病名や診断名とは関係なく、それぞれその方の本当の原因を見つけて原因に対して施術をしていきます。

日常生活や身体のくせからお一人お一人違った原因があります。脊柱管狭窄症でお悩みの方や長年の腰痛でお悩みの方、自分の腰痛の本当の原因を知りたい方などは当院にぜひお越しください!

今より楽しい人生のお手伝いをさせて頂きます‼︎

アクセス情報

所在地

〒561-0871
大阪府豊中市東寺内町13-23 ラ・メゾン401

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください

休診日

日曜・祝日

予約について

当院は完全予約制です